任意整理費用

借金生活と任意整理

僕の20代のセカンド青春は、色んな理由で借金まみれとなり、その返済や工面とそれらから逃れる方法を探索する日々で時間を無駄使いしまくっていました。そんな借金青春生活から見えた借金問題を中心に体験談を語って行きたいと思います。振り返ってみると20歳くらいまではキャッシングという名の借金とは無縁でクリーンな生活を送っていました。運転免許やバイクのローンは残っていたものの割賦払いや返済というものはとても大変で苦しいとすでに自覚していたのです。免許のローンだけでも、36回払いだったので3年以上返済を続けており、学生の自分にとってはとても苦しい日々でしたが、家が貧乏だったので自らの手でなんとかするしかないので致し方なく、という感じでしたね。それから2,3年した頃、ふとした時に赤い看板で綺麗なATMコーナーの様なスペースを見つけてしまったのです。それが「ゼロファースト」との出会いだったのです。

 

既存の消費者金融のATMは雑居ビルの隅にひっそりと存在している感じでしたが、繁華街に堂々と君臨していたので怪しさや怖さを感じませんでした。また、もともと丸井のATMコーナーでパンフレットが置いてあるのを見ていたので丸井グループという事で安心してしまったのかもしれません。早速カードを作り、月末の苦しい時などにキャッシングしに行く日々が始まりました。ちょうど通勤経路にあったので便利過ぎたのです。そしてあっという間に限度額の50万円を借りてしまい、仕方なく今度は「アコム」でカードを作りました。当時は即日無利息キャッシングは新鮮でした。

 

 

赤いカードつながりでしたが、アコムも限度額50万まで借りれたので半年で借入額が限度額一杯に。他にもすでに持っていたクレジットカードでショッピングしまくっていたので総額で200万円近い借入れ額になり、毎月8万円ほど返済していたので家計は火の車に。利息の支払いがあまりにもバカバカしく感じ始めたので、横浜の司法書士事務所の無料相談に行き、その場で債務整理をお願いする流れになりました。任意整理110で払い過ぎたグレーゾーン金利の過払い金を計算してもらった所、20万近い額になったので返還請求を実施しました。そのうち10%位は成功報酬として引かれますが、元金に対する返済に充てることができたので本当に助かりました。なお、今も債務整理後の分割返済は続いています。